ワインで聞くパーカーポイントって?


パーカーポイントは
世界で最も有名なワイン評論家
ロバート M. パーカー, Jr.氏による評価法。

ワインの価格に関係なく、公平なワインの選択には
必要不可欠として世界中で用いられています。
評価に値するワインはすべて50点の持ち点が与えられ、
100点満点で採点する。

具体的な評価は
ワインの総合的な色と外見 
 <1~5点>
アロマ(原料ブドウの香り)と
 ブーケ(熟成してできた香り)の強さと複雑さ清潔さ
 <1~15点>
風味と後味
 味の強さと調和と清潔さ、後味の深さと長さ 
 <1~20点>
全体の質のレベル
 若いワインの場合は将来の熟成と進歩の可能性 
 <1~10点>

全て最高点を獲得すれば100点が与えられる。
本当に良いワインとされるのは85点以上のもので、
世界中のワインの中の1%にしか過ぎず、
非常に貴重なワインである。

評価内訳は、以下のようになる。

100点~96点 【格別】Extraordinary
深遠で複雑な個性があり、その品種で作られる古典的なワインに期待される、あらゆる属性を見せている。これほどのワインであれば、特別な努力を払っても探し・購い・飲む価値があると思う。

95点~90点  【傑出】Outstanding
格別の複雑さと個性がある、すばらしいワインだと思う。

89点~80点  【かろうじて並以上から優良】Above Average to Excellent
程度はさまざまながらフィネスや味わい、個性を見せており、
気になるような欠陥はない。

79点~70点  【並】Average
見るべきものはほとんど無いが、作りは健全。
早い話が短刀直入で無味乾燥なワイン。

69点~60点 【並以下】Below Average
気になる欠陥があり、酸やタンニンが過剰だったり、
味わいが欠如していたり、ひょっとすると不潔な香りや
味わいがあるかもしれない。