梅雨時期に調子が悪くなる原因は?


「ムチウチになったところが痛い。」
「腰や膝が痛いから午後から雨かも・・・。」
そんな声は今まで聞いたことがあるかもしれない。
しかし体の中のことと外のことが
関係するということが
イマイチピンときにくいこともあるはず。

では一体何が起きているのだろうか。
特に梅雨の入り始めは症状が出やすい。
環境としての変化は
 ・気圧が下がる
 ・気温が下がる
 ・湿度が上がる    
などが同時に起こる。

そしてそれによって体は
 ・内臓機能が下がる
 ・自律神経が乱れる
 ・免疫力が下がる
 ・関節内圧が上がる
そしてそれらの影響に反応し、
筋肉の緊張、疼痛物質が増加などが
痛みを生じやすくなってしまう。

痛みに関しては筋肉の張りやコリの痛みが
一番わかりやすいが、原因がそこにないことも多い。
関節が硬くなって、筋肉が緊張する場合。
内臓が疲労して、筋肉が緊張する場合。
体調不良から姿勢不良につながり、
筋肉が緊張する場合。
それらの原因によって対処法は変わってくる。

いまいちど冷静になって
自分の本当の原因を見つけてみるのも良いかもしれない。