ストレスのチェック


ストレスは目に見えにくいもので、
他人にはなかなかわからないものである。
自分ですらわかっていないこともあり、
その点は注意が必要である。

ストレスに点数化すると大まかな目安ができ、
客観的に見つめることができるメリットがある。
有名なものとしては社会学者ホームズと内科医レイの作った、
社会再適応評価尺度がある。

【 1】 配偶者の死・・・・・  100
【 2】 離婚・・・・・・  73
【 3】 夫婦別居生活・・・・・ 65
【 4】 拘留、または刑務所入り・・・・・  63
【 5】 肉親の死・・・・・ 63
【 6】 自分の病気や傷害・・・・・ 53
【 7】 結婚・・・・・ 50
【 8】 解雇・・・・・・ 47
【 9】 夫婦の和解調停・・・・・・ 45
【10】 退職・・・・・・  45
【11】 家族の病気・・・・・ 44
【12】 妊娠・・・・・ 40
【13】 性的障害・・・・・  39
【14】 新たな家族成員の増加・・・・・ 39
【15】 職業上の再適応・・・・・ 39
【16】 経済状態の変化・・・・・  38
【17】 親友の死・・・・・ 37
【18】 転職・・・・・  36
【19】 配偶者との口論の回数の変化・・・・・  35
【20】 約1万ドル以上の借金・・・・・ 31
【21】 担保、貸付金の損失・・・・・  30
【22】 仕事上の責任の変化・・・・・  29
【23】 息子や娘が家を離れる・・・・・  29
【24】 姻戚とのトラブル・・・・・  29
【25】 個人的な輝かしい成功・・・・・  28
【26】 妻の就職や離職・・・・・  26
【27】 就学・卒業・退学・・・・・  26
【28】 生活条件の変化・・・・・  25
【29】 個人的な習慣の変更・・・・・  24
【30】 上司とのトラブル・・・・・  23
【31】 仕事時間や仕事条件の変化・・・・・  20
【32】 住居の変更・・・・・  20
【33】 学校をかわる・・・・・  20
【34】 レクリェーションの変化・・・・・  19
【35】 教会活動の変化・・・・・  19
【36】 社会活動の変化・・・・・  18
【37】 約1万ドル以下の借金・・・・・ 17
【38】 睡眠習慣の変化・・・・・  16
【39】 親戚づき合いの回数の変化・・・・・  15
【40】 食習慣の変化・・・・・  15
【41】 休暇・・・・・  13
【42】 クリスマス・・・・・  12
【43】 ささいな違法行為・・・・・  11

右側にある点数を合計していき、
合計点によって翌年に健康被害が生じる危険性が算出される。

150点未満   少し注意  30%
150点〜299点 要注意  50%
300点以上   危険性あり 80%以上

1年以上200〜300点が負荷された場合、
翌年に50%以上が心身に問題を生じ、
300点以上が負荷された場合、
翌年に80%以上が心身に問題を
生じることが見出されている。

これは20年にわたり、5000名を超える人々と面接し、
身体疾患の発症に関わる生活上の出来事を抽出している。
また397名の男女に結婚生活の適応に要した負担の程度や時間を
50点とした場合、その他の項目が何点になるかを評価し作成している。

ストレスは必ずしも嫌なこととは限らない。
人間のストレス反応は
環境の変化に適応しようとするときに働く。
良いことでも環境が変わるときには、
思った以上にストレスがかかっていることを
認識せねばならない。

1)Thomas Holmes and Richard Rahe by
「Holmes and Rahe stress scale」
2)夏目誠ら 1988