眠れない時のチェック


明日早いのになかなか眠れない・・・。
最近寝付きが悪い・・・。
そんな時は誰でもあるんではないだろうか。

ではどういう時に眠れなくなるのか。
よくある理由は次の3つである。

・そもそも疲れていない。
・昼寝をしてしまっている。
・寝る前に頭が興奮してしまっている。

そもそも寝る時は頭と体がリラックスする必要がある。
要するに眠る前に頭と体が元気であっては眠れないのである。
よくある3つの理由についてそれぞれ説明する。

そもそも疲れていない
これはノーマークなことが多いが、
案外多い理由である。
1日しっかり歩いてクタクタになった時は、
疲れてぐっすり眠れるもの。
1日ダラダラしていたら、寝るほど疲れていなかったりする。
頭も体も元気が余っている状態である。

昼寝をしてしまっている
昼寝は30分以上になってしまうと、睡眠リズムが崩れてしまう。
頭が「今は夜なんだ。」と思ってる状態である。
頭が夜の時間を間違えているので、
夜になっても眠たくならないのである。

寝る前に頭が興奮してしまっている
寝る前に面白い映画を見たり、ゲームをしたりして
頭が興奮してしまうのも理由として多い。
またテレビやスマホの画面の光は
頭が太陽の光と勘違いしてしまうので、
それが影響することもある。

いかがだっただろうか。
眠れない理由は無数にあるのだが、
上の3つは頻度が多く、
かつ気づいていないことも多いものである。
しっかり眠るためにはよく動いて、
頭と体を程よく疲れさせること。
そして眠る前に興奮させないこと。
規則正しい生活というのは、
体のリズムを整える上でも大切なことである。