コレステロールの悪玉と善玉


生活習慣病という言葉は世間にも随分と馴染んできており、
生活習慣による食事・運動・ストレスなどが
病気に大きく関わるということも認知されてきている。
今回はその中でも脳梗塞や心筋梗塞の原因ともなる
コレステロールについて。

コレステロールは悪玉であるLDLと善玉であるHDLに分かれる。
簡単に説明すると悪玉LDLは血管壁にへばりつき、
善玉HDLは余分なコレステロールを運び出す。

要するに悪玉であるLDLが多くて善玉であるHDLが少ないと、
体にとって良くない脂質異常の状態である。
日本動脈硬化学会の動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版では
 悪玉LDLが140mg/dl以上
 善玉HDLが 40mg/dl未満
を脂質異常としている。

では悪玉LDLを減らし、善玉HDLを増やすには
どうすればよいのだろうか。
大切なのことの一つに食事がある。

食事ではコレステロールを上げる食品と下げる食品がある。
どういったものがそれにあたるのか注意することで、
ある程度コントロールができるのではないだろうか。

まずコレステロールを上げる食品は
卵(鶏卵・いくら・ししゃも)、レバー、チーズ、
生クリーム、チーズ、うなぎなどである。
いわゆる濃いくてスタミナがつきそうなものである。
コレステロールは細胞を作るものなので、
そういった部位に関わる食品はコレステロールが高い。
美味しいものが多いのも特徴である。

コレステロールを下げる食品は
青魚や野菜などにあたる。
いわゆる体に良さそうなものである。
青魚はマグロ・ブリ・イワシ・アジなどで、
DHAやEPAが悪玉LDLを下げ善玉HDLを上げる。
また肝臓での中性脂肪の合成を抑える働きがあるのも特徴である。
厚生労働省は1日1000mg以上を推奨しているが、
50代以上の層でも1日600〜700mg程度しか取れていないのが現状。
野菜はキャベツやブロッコリーなどで、
SMCSという天然アミノ酸が悪玉LDLを下げる働きがある。
また大豆に含まれるレシチンも血管壁のへばりつきを
改善する働きがあるので取っておきたい食品である。

多くの病気の原因となるコレステロール。
青魚や野菜・大豆をしっかりとることで、
いかに悪玉LDLを減らし善玉HDLを増やせるか。
美味しいものは悲しいことに体に悪いものが多い。
好きなものは過剰に取りやすく、
苦手なものはなかなか取りにくいものである。
たまにの贅沢が習慣にならないよう、
普段はヘルシーなものを心がけることがやっぱり良さそうだ。