自分の好きな日本酒の見極め方


日本酒は旨味と香りが複雑に混じり合っている。
見極めるには経験と技術がある程度必要。
ただ自分の好きな日本酒を探せるようにはなりたい。
そういった時に大事なのがテイスティング。
では簡単なテイスティングのコツを伝えていく。

テイスティングのコツは
色・香り・味・余韻の4つに集約される。
ではひとつひとつ述べていく。

まず色について。
日本酒は青みがかった淡い黄色をしているが、
貯蔵期間や活性炭その影響で色合いに個性が出てくる。
色の淡いものはあっさりしており、
色の濃いものは芳醇でコクがある。
黄色が濃い場合は熟成ししっかりと旨味があるのが特徴である。
色の濃さ、透明度、不純物の有無などを判断するため、
透明なグラスや底に青い二重丸が書かれた利き猪口(じょこ)などを使う。

次に香り。
香りは容器を手で握り少し温める。
温度が少し上がれば香りが立ちやすくなる。
精米歩合が高ければりんごや洋ナシのような吟醸香を感じる。
また木樽貯蔵では木香、長期貯蔵では熟成香を感じる。
新酒や吟醸などの新酒は華やかでフルーティーな香りが特徴。
生もとや熟成したお酒はコクと旨味がある落ち着いて深い香りになる。

そして味。
味を構成する要素は
甘味・酸味・苦味・旨味・アルコールの刺激と言われる。
やり方は口をすぼめ息を吸い込み
空気と混ぜ合わせて味を確かめる。
よくワインなどで見るあれである。
舌の上で空気と混ぜることで、
ふくみ香を正確に感じることができる。
またその時に舌触りなどの感触も確かめる。
吟醸系ではフルーティーで華やかな軽めの味わい。
純米生もとや山廃系はコクと旨味を感じる。

最後に余韻。
余韻は日本酒を飲んだ後の感覚のことである。
日本酒が喉を通った後の舌の奥に残っている香り。
アフターフレーバーいわゆるもどり香である。
旨味の強さと酸味を表しており、
これは料理との相性とも関係する非常に重要な要素である。
もどり香が嫌味なくすっと消える場合や、
心地よい苦味が残るなどの違いがある。
またべたっとした甘みが残る場合などは、
あまり印象が良くないとされる。

日本酒のテイスティングの方法を簡単に述べたが、
日本酒は奥が深くすぐにできるようになるには難しい場合が多い。
ただ自分の好きなタイプがわかることで、
より素敵な日本酒に出会える可能性は高まる。
自分にとって最高の日本酒に巡り会えるように。