ワイングラスの種類と使い分け


ワインは味・色・香りを
同時に楽しむことができるお酒である。
よってワイングラスの選択で
これらの要素は必然的に変わってくる。

ではこの味・色・香りの3つの要素が
グラスにどのように関わってくるのか
述べていきたいと思う。

それではまずについて。
味は甘さ、辛さ、酸っぱさ、苦さなどがあるが、
舌のどの部位にワインが触れるかで味が微妙に変わる。
最近の科学ではその違いはわずかなものとされているが、
ワイン好きな人にしてみれば
そのわずかがとても重要であったりする。
グラスの形によって舌のどこにワインが流れ込むかが、
変わってくるのである。

次にについて。
やはり無色透明の脚付きのグラスが、
脚があることで直接手を触れなくてすみ、
温度が変わりにくくなる。
また色を見やすくなるというメリットが大きい。

最後に香りについて。
ブルゴーニュ型グラスが特徴的だが、
香りを逃さぬように包み込むような形をしている。

基本的なグラスの形は赤・白ともに2タイプ。
赤ワインに向いたグラス
ブルゴーニュ:酸味の強いワインにオススメ(ライト・ミディアム)
 ワインは舌先に流れるので、強い酸味と果実味との
 バランスを整えることができる。
リーデル (RIEDEL) ヴィノム ピノ・ノワール(ブルゴーニュ)
Amazon.co.jp
リーデル (RIEDEL) ヴィノム ピノ・ノワール(ブルゴーニュ)

ボルドー:渋みの強いワインにオススメ(フルボディ)
 舌の上でワインが横に広がるようになっているので、
 厚みのあるボディを感じつつ、渋みをやわらげる。
リーデル (RIEDEL) ヴィノム カベルネ・ソーヴ:ニヨン:メルロ (ボルドー)
Amazon.co.jp
リーデル (RIEDEL) ヴィノム カベルネ・ソーヴ:ニヨン:メルロ(ボルドー)

白ワインに向いたグラス
キャンティ:さっぱりした白ワイン
 ワインは舌中央を流れるので、強い酸味と果実味との
 バランスを整えることができる。
リーデル (RIEDEL) ヴィノム ジンファンデル:リースリング・グラン・クリュ(キャンティ)
Amazon.co.jp
リーデル (RIEDEL) ヴィノム ジンファンデル:リースリング・グラン・クリュ(キャンティ)

モンラッシュ:コクのある白ワイン
 舌の上でワインが横に広がるようになっているので、
 柔らかな酸味と果実味とのバランスを整える。
リーデル(Riedel)  ヴィノム モンラッシュ:シャルドネ
Amazon.co.jp
リーデル(Riedel)  ヴィノム モンラッシュ/シャルドネ

ワイングラスによってワインの楽しみ方は
一気にグレードアップする。
よりおいしく楽しむためにも
ワイングラスにこだわってみたらどうだろうか。