肉は赤ワインで魚は白ワインは古い?


ワインが詳しくない人でも
 「肉は赤ワイン」
 「魚は白ワイン」
というのは聞いたことがあるのではないだろうか?
しかし、最近ではそう単純に考えなくなってきている。
では一体どういうことなのだろうか?

料理においても肉料理にはスパイスが、
魚料理にはレモンやライムが味を引き立てる。
ワインもこのように料理の味を引き立てたり、
ワインそのものを引き立てたりする。
このように料理とワインの相性のことを
結婚に例えてマリアージュと呼ばれる。

ではどういった組み合わせがあるのだろうか。
組み合わせには
 ・強さを合わせる
 ・補い合う
 ・反対のもの
 ・産地を合わせる

ベストカップルにも多くのタイプがあるように、
ワインと料理のマリアージュもいくつかのタイプがある。

まずは強さを合わせる
例えば濃い肉料理にライトボディの白ワインは負けてしまう。
白ワインの味がわからなくなる。
逆に繊細な魚料理に赤ワインは魚の味が感じなくなる。
ただ魚料理でも濃い味なら赤ワインでもいけるし、
肉料理でも度数が高くオークのきいたカリフォルニアの
シャルドネならこれもアリなのである。

次に補いあう
肉料理にはスパイスが欲しくなる。
こうしたスパイスを赤ワインで補うことができる。
また辛い料理には甘めの白で補ったり、
クリーミーな料理や脂っこい料理なら、
酸味のあるドライな白ワインで補うのも手である。

そして反対のもの
クリーミーなソースやハーブやガーリックの効いた料理は、
味わいが複雑なものである。
こういう料理にはシンプルなワインを合わせる。
またあまり味の濃くない肉料理には、
複雑な味わいのフルボディの赤を合わせる。
また薄めの味付けの魚なら度数の強いシャルドネで合わせる。

最後に産地と合わせる
トマトソース主体のソースを使うイタリア料理は、
サンジョベージョ系のキャンティが合う。
また白身の肉や濃い海鮮などのスペイン料理は、
テンプラニーリョ系のリオハが合う。

このように料理とワインのマリアージュには
様々なパターンがあり、
そしてなぜ合うのかがわかるとまたそれも面白い。
人間と一緒でいろいろな結婚の形がある。
最高にマッチしたマリアージュに出会うことも、
またワインの楽しみ方の一つではないだろうか。