燗映えする日本酒


熱燗をした時により美味しくなるお酒がある。
いわゆる燗映えするお酒である。
日本酒は飲む温度によっても表現が変わってくる。
 35〜40度は「人肌燗」
 40〜45度は「ぬる燗」
 45〜50度は「上燗」
 50度以上を「熱燗」
と表現される。

燗映えする燗あがりするといわれるお酒は
本醸造などの低精度米と言われているが、
現在は季節に応じて酒蔵がお酒を作ったり、
製法が多数あるのであくまで目安といったところ。

温めると旨味を増しまろやかになるお酒は
燗映えする酒である。
温度が違うことで味わいの変わる日本酒は
とても楽しく奥深いものである。