お酒の強い人と弱い人


二日酔いキツイですね。
頭が痛くて、胃が気持ち悪くてやる気が出ない。
でもお酒の強い人と弱い人がいるのはなぜだろう。
アルコールは体の中でどのように分解されるのでしょうか。

アルコールは胃で2割、小腸で8割吸収される。
その後、肝臓の酵素の働きで
酢酸さらに水と炭酸ガスに分解され無毒化される。
そして分解される過程で生じる
アセトアルデヒドというのが、
二日酔いの原因になっている。

このアセトアルデヒドを分解する酵素は、
1型と2型の2つ存在する。
1型はアルコールが体にめちゃくちゃたまらないと働かない。
2型はちょっと増えても働いていくれる。
よって2型がよく働く人ほどお酒に強く二日酔いになりにくい。
日本人の場合2型がよく働く人が5〜6割程度。
残りの3〜4割は中間で赤くなりながら飲む人になるわけだ。

生まれつき飲める人と飲めない人は決まっている。
それはアセトアルデヒドを分解する酵素の
2型がよく働く人なのである。
顔がすぐに赤くなる人は
2型の働きがそこまで強くないので、
あまり勧めちゃうと二日酔いになっちゃいますよ。