体の動きと腰痛


体を動かした時に腰が痛い。
どういう動きで痛かったのだろうか。
体の動きってなかなかわかりずらい。

理由がわかると不安は少なくなるし、対処もわかる。
今回はそんなお話をしていこうと思う。

腰が痛くなる場合は、腰骨が大きく動いた時。
曲がりすぎたり、反りすぎたり、捻り過ぎたら痛くなる。
それは大きく動きすぎて壊れるのを
体が止めてくれているから。
それ以上動いたらいわゆるぎっくり腰になってしまう。

ではなぜ腰が大きく動きすぎてしまうのか。
実は痛いところが問題ではなくて、
それ以外の関節に問題があるのである。

腰に近い関節では背中の背骨と股関節がある。
腰痛がある人の多くは腰以外の関節が硬い場合が多く、
背中の背骨や股関節が硬い場合が非常に多い。

要するに背中の背骨や股関節が硬いから、
腰骨が大きく動かざるえない状態になっているのである。
痛い腰が悪いのではなく、
その近くの関節が硬いから悪いのである。

背中の背骨や股関節が硬い原因は、
座っている時間が長いことが影響として考えられる。
座ると背中の背骨や股関節は
曲がったまんま硬まってしまいやすい。

腰が痛いとつい動くことが減ってしまうのだが、
実は外に出て歩く方が体も柔らかくなりやすく、
腰にとっても良い影響を与えることが多いことを
覚えておくと良いかもしれない。
腰痛