肩こり改善は根っこを治す


肩こりは現代病と言っていいほど多い症状である。
自分で揉んだり、整体に行ったり、
テレビの体操をしたりしてもなかなか良くならない。
そんな人は多いであろう。

症状としては肩周辺の筋肉が硬く凝っている。
だからそこが柔らかくなれば良くなる。
確かに理にかなっている。
しかしながら、ほぐしてもほぐしても
また凝るのはなぜだろうか。
そこには本当の原因となる根っこが
何も改善されていないからである。

本当の原因となる根っこって何だろう。
それはどこが凝っているかではなく、
どうして凝るかが大切なのである。

肩の凝りを感じる時は何をしている時だろうか。
動いている時よりもむしろ
同じ姿勢の時が多いのではないだろうか。
雑誌を読んでいる時。
テレビを見ている時。
パソコンをしている時。
スマホをいじっている時。
事務仕事をしている時。
要するにその姿勢が凝る原因になっているのである。

近年では姿勢の考え方も変わってきており、
米国整形外科学会(AAOS)では
完全な良い姿勢というものは存在せず、
同じ姿勢をとることが良くないと報告している。

凝ったところをほぐすことから、
凝る姿勢を見直し、同じ姿勢を
とり続けない努力をすることが大切である。
凝らない体の使い方が出来れば、
ほぐす必要はなくなるからである。