日本酒のピリピリする感じって何?


日本酒を飲んだ時に感じるしたのピリピリする感じ。
これは日本酒の「酸度」が関係する。
この「酸度」だが間違えやすいが「酸っぱさ」のことではない。
この「酸度」は日本酒の製造過程での
酵母や麹、米からできた乳酸・クエン酸・リンゴ酸・コハク酸の
量を表している。

酸が少ないとボヤけた味わいになり
いわゆる淡麗な味わいになる。
酸が強いと味が引き締まりハリやキレが出て、
芳醇な味わいとなる。

よって酸度が軽ければまろやかでふくらみのある味。
また酸度が強ければ舌にピリピリとした刺激を感じる。
またこの酸度は甘さにも関わってくる。

日本酒度が同じ場合は酸度の高いお酒は
辛く感じやすく、酸度の低いお酒は甘く感じやすい。
飲んだ時の舌の印象だけでもこれだけ表現があり、
日本酒を楽しむ一つのエッセンスになることだろう。