白ワインは冷やして、赤ワインは冷やさない。正しいの?


ワインには美味しい飲みごろの温度がある。
「白ワインは冷やして、赤ワインは冷やさない。」
というのはワインを飲まない人でも、
聞いたことがあるかもしれない。

でも白ワイン・赤ワインの他にロゼもあるし、
ライトボディやミディアムボディ、
甘口や辛口などいろいろな種類がある。
どうせならおいしく飲みたい!!
それぞれの飲みごろの温度はどうなんだろう?

4〜8℃
甘口・スパークリング

 甘いものは冷やしたほうが美味しい。
 そして泡のあるものも冷やすとうまい。

6〜10℃
軽い白ワイン

 爽やかな酸味のある白ワインは
 冷やしたほうがうまい。

12〜16℃
重い白ワイン

 香りが強く、コクのある重い白ワインは
 冷やしすぎると味わいが感じにくくなる。

14〜16℃
軽い赤ワイン

 渋みが少なければ白ワインに近い。
 口に含めば冷たいと感じるこのくらいの温度が、
 フレッシュに楽しめる。

16〜20℃
重い赤ワイン

 渋みが強ければ冷やすとエグ味が強く感じられる。
 温度が高いほうが渋みはまろやかに感じ、
 深みや芳醇さも感じやすくなる。

体温が36℃なので上のどの温度でも
口に入れて、冷たいと感じる程度である。
ブドウから作られたフルーツの飲み物なので、
赤でも多少冷やしたほうがうまいのである。
ただここに書いているのは基本的なもので、
絶対的なものではない。
そのワインによって微妙に違うし、
料理やその人の体調によっても
美味しく感じる感じ方は違ってくる。
要するに美味しいことが一番じゃないだろうか。