砂糖が体に悪い理由


砂糖が体に悪いというのは、
どこからか聞いたことあるのではないだろうか。
ほどほどに取ることは問題ないのだが、
健康を阻害する可能性があるのは知らない場合も多い。

砂糖は純度の高い食品添加物である。
砂糖の摂取量は厚生省では40〜50gとしており、
WHOでは25gとされている。
ちなみに25gというのは小さじ6杯程度。
また近年では全カロリーの5%を推奨しており、
ケチャップなら大さじ1杯、
ソーダなら350mlの1割ちょっとと言われている。

ではこの砂糖が体に悪い理由って一体なんなのだろうか?

栄養素の欠乏に
 糖類は分解するのにビタミンB1が必要になる。
 また酸性食品である砂糖は体内で中和させるのに、
 カルシウムが使われる。
 よってビタミンB1とカルシウムが欠乏しやすくなる。
 
体の粘膜の影響
 砂糖は粘膜の形状を緩める働きがある。
 胃の粘膜が緩むと胃炎や胃潰瘍に。
 鼻の粘膜が緩むと鼻炎になりやすくなる。

腸内細菌が悪玉優位に
 砂糖はウイルスや悪玉菌の大好物な餌となる。
 餌が増えることで腸内の悪玉菌が増る。
 悪玉菌が増えると腸の動きが鈍くなり便秘になったり、
 体臭が強くなったり、肌が荒れたりする。

その他にも体を冷やし、
イライラしやすくなったり、
心臓病やガンの原因になることもある。
こんなに身近な砂糖が様々な
体調不良の原因になり得る。
病気ではないけど体の不調が続く。
薬を飲んでもなかなか良くならない。
そんな時は思いきって、
砂糖の摂取を見直してみると良いかもしれない。